北海道神宮の初詣2023の駐車場の混雑状況は?屋台の出店はいつまで?おみくじ情報も!

北海道神宮の初詣2023の混雑状況!行き方・駐車場やご利益とランチ情報も お出掛け

札幌市中央区にある北海道神宮は、大国魂神、大那牟遅神、少彦名神、明治天皇の四柱の神様をお祀りしている神社です。

北海道屈指のパワースポットとしても高い人気を誇っています。

北海道神宮に初詣に行きたい場合、2023年の参拝時間や混雑状況が気になりますよね。

この記事では、北海道神宮の初詣について、2023年の初詣の参拝期間や混雑状況や開門と閉門の時間、屋台やお守りのお焚き上げがあるか?

御神酒は振る舞われるのか?アクセス方法や駐車場、周辺ランチ情報などについてまとめます。

スポンサーリンク

北海道神宮の初詣2023年の混雑状況は?

北海道神宮の2023年の元旦の参拝の混雑予想についてみていきましょう。

北海道神宮は人気の初詣スポットなので、例年大変混雑します。

2022年は、例年に比べ混雑が緩和されていましたが、それでも人によっては大変な混雑だと感じるほどです。

2023年も、2022年と同じくらいもしくは更に混雑が増すと予想されます。

北海道神宮は、大晦日の12月31日に閉門して元日の1月1日の0時まで閉門しているため0時に入れるように多くの人が並んでいます。

開門を待つ列に並んでいる時はとても冷えるので、暖かく防寒して行きましょう!

混雑を避けたい場合で三が日に参拝に行く場合は、早朝の開門してすぐか閉門間近の夕方に行くようにすることをおススメします。

雪が降っているとこんな感じです。

2023年は人出が回復しそうですね。

北海道神宮の初詣の参拝者数

北海道神宮はとても人気の神社なので、初詣時期だけでも約82万人 もの参拝者が訪れます。

北海道神宮の初詣2023年の開門時間・閉門時間

明治神宮の初詣2023年の開門時間と閉門時間は以下のとおりです。

期間 開門 閉門
元旦 0:00 19:00
1/2~1/3 6:00 18:00
1/4~1/7 6:00 16:00
1/8~1/31 7:00 16:00

不要のお守りを返納できるお焚き上げはある?

北海道神宮では、毎年1月14日に古いお札やお守り、しめ縄などをお焚き上げ(古神札焼納祭)しています。

お守りなどの返納場所については以下の通りです。

  • 12月28日~1月14日まで境内弓場にて
  • 1月15日~2月6日まで神門下の特設納所
  • 上記以外の期間も神門内に納所が常時設置あり

お正月だけの特別な催し

北海道神宮では、以下の祭典を始め1月には様々な催しが行われます。

・歳旦祭…1月1日

・元始祭…1月3日

・旬祭並びに敬神婦人会誕生祭(1月10日)

*師走の大祓並びに除夜祭は、開催される年とされない年があります。近くなったら公式HPでご確認ください。

甘酒や御神酒の振る舞いはある?

北海道神宮では初詣客への甘酒や御神酒の振る舞いはありません。

境内のお茶さんや屋台で甘酒を注文することができます。

北海道神宮2023の屋台の種類や営業時間は?

北海道神宮では数多くの屋台が出店します。

2021年は屋台の出店はありませんでしたが2022年は復活しました。2023年も屋台は出店するでしょう!

屋台の営業時間は、大晦日の夜から元旦にかけては夜中まで営業しています。

その他の日に関しては、北海道神宮の閉門時間を加味してか、10:00~15:00くらいの間で営業しているお店が多いようです。

甘酒、お好み焼き、たこ焼き、イカ焼き、フランクフルト、焼きそば、おでん、チュロス、ホルモン煮

など様々な種類のメニューの取り扱いがあります。

スポンサーリンク

北海道神宮の基本情報

  • 住所:札幌市中央区宮ヶ丘474
  • 例祭: 6月15日(札幌祭)
  • 電話: 011-611-0261
  • 主祭神: 大国魂神; 大那牟遅神; 少彦名神; 明治天皇
  • 創建: 明治2年(1869年)

北海道神宮公式ホームページ

北海道神宮の地図

北海道神宮へのアクセス方法

北海道神宮へのアクセス方法は以下の通りとなりますので、ご参考にしてください。

電車・バスの場合

札幌市内からお出かけの方

・(地下鉄)東西線「丸山公園駅」下車→徒歩15分

・(バス)JRバス「北海道神宮」下車(円14・円15・循環西21)→徒歩1分

12月31日の深夜は例年特別ダイヤの運行がありますが、2023年の実施は未定です。

北海道神宮の最寄り駅は「円山公園駅」です。一番電車に乗ると6時15分頃に駅に到着します。

遠方からお出かけの方

・JR札幌駅→地下鉄さっぽろ駅(南北線)
→地下鉄大通駅(南北線から東西線に乗り換え)
→地下鉄丸山公園駅(東西線)下車→徒歩15分(または上記のバスで)

・JR札幌駅からタクシーで15分

車の場合

中央自動車道 稲城IC 約10分

北海道神宮の駐車場

北海道神宮には、南一条駐車場と北一条駐車場で240台駐車できます。

12/31の閉門後~1/7のお正月期間は、午後6時まで500円(入庫より2時間まで)で駐車することができます。

2時間を超えた場合、1時間につき500円がかかります。

※御祈祷を受ける方は駐車券を持参で2時間無料で駐車場を利用できます。

<駐車場利用可能時間>
1月2日~3日: 6:30〜閉門まで、1月4日~7日: 7:00〜閉門まで、通常日:9:00〜閉門まで

北海道神宮初詣2023の交通規制

北海道神宮周辺では大晦日から元日にかけて交通規制がかけられます。

交通規制の時間は、12月31日23時頃~1月1日18時頃

車両進入禁止の区間や一方通行などの区間があります。

令和3年の交通規制マップの情報ですが例年変更はありませんので参考にしてください。

北海道神宮初詣2023の交通規制

北海道神宮の駐車場の混雑状況は?

北海道神宮の初詣の時期の駐車場の混雑状況ですが、ピークの時間は1時間待ちは普通です。

北海道神宮まで数キロ並んで待つ覚悟で!

6時の開門で7時半には満車状態なので、車で行きたい方は早起きして出掛けましょう。

北海道神宮のおみくじ

北海道神宮のおみくじは、社殿前の守札授与所で販売されています。

おみくじは、普通のおみくじの他に「恋みくじ」「こどもみくじ」などがあります。

おみくじは良いものから順番に⇒大吉 吉 中吉 小吉 末吉 凶 大凶 です。

北海道神宮周辺のランチにおススメのお店3選

SAMA 北海道神宮前店

SAMA北海道神宮前店は、北海道神宮の近くにあるスープカレー屋さんです。

トマトスープ、ココナッツスープ、あっさりスープ、海老スープなどからスープの味を選ぶことができ、具材や辛さもチョイスできるので、自分好みのスープカレーを楽しむことができます。

北海道といえば、スープカレー。

参拝帰りにスープカレーを食べて体を温めてみてはいかがでしょうか?

すしダイニングつかさ

すしダイニングつかさは、北海道神宮参拝帰りに立ち寄れるのが嬉しいお寿司屋さんです。

こちらのお寿司屋さんは、オシャレな空間でリーズナブルなお寿司ランチをいただけると大人気のお店。

お寿司ランチは、新鮮なお寿司以外にもサラダ、みそ汁、甘味までついているので、老若男女が美味しくいただくことができるおすすめのメニューです。

ラ・サンテ

ラ・サンテは、道産食材を中心とした本格フレンチレストランです。

明るい店内で、新鮮な食材を使用したフレンチコースがいただけます。

コースの内容は、アミューズ・ポタージュ・オードブル・メイン・デザート・コーヒー・パンとなっています。

親族との集まりなどの際にこちらのお店でランチを食べるのも、ちょっとした贅沢な時間を過ごせそうなのでおススメです!

スポンサーリンク

北海道神宮の初詣2023まとめ

今回は、北海道神宮の初詣2023について紹介してきました。

北海道神宮は北海道を代表する神社なので、お正月には地元の方を始め遠方からも沢山の参拝客が訪れます。

数多く出店される屋台も楽しみの一つですね!

北海道の冬はとても寒いので、寒さ対策を万全にしてお参りしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました