中学生が肌を白くする方法9選!自宅でできる美白と日焼け後の対策を紹介

中学生が肌を白くする方法を具体的に紹介します!

中学生は登下校時や体育の授業、部活動と外で活動する時間がとても長いですよね。

焼けた小麦肌も健康的でいいと言われていますが、透明感のある白い肌に憧れる人も多いと思います。

大人になると美白のためにエステに行ったり、基礎化粧品でケアしたりと、お金をかけて出来ることも、かなり多くなります。

しかし、美白ケアはお金もかかりますし、学校で自由時間も少なく、限られたお小遣いの中でやりくりしなければならない中学生は難しいですよね。

そこで、今回は中学生が肌を白くする方法についてオススメの方法をまとめます。

  • 中学生が肌を白くする方法
  • スキンケアのポイント
  • 食生活や睡眠など生活習慣を整える方法
  • 美肌に必要な食べ物
  • 肌を白くするために気をつけるべきこと

肌を白くしたい中学生は参考にして色白美肌を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク

中学生が肌を白くする方法9選!自宅でかんたん美肌に!

地黒でも諦めないで!中学生が肌を白くする方法を9つ紹介します。

今肌の色が黒くても、できることから取り入れていけば、色白の美白肌を手に入れることができますよ♪

肌を白くするポイントは大きく分けて3つあります。

  1. 紫外線を避けること
  2. 食事や睡眠などの生活習慣
  3. 肌の保湿

それぞれ詳しく見ていきましょう!

中学生が肌を白くする方法:①これ以上日焼けしないようにする

日焼けをすでにしてしまっている場合は、これ以上日焼けしないように、対策をしていくことが大切です。

これ以上日焼けをしないことが大事です。

また、日焼け後にケアをしないでいると、さらに日焼けしやすくなり、白い肌からはどんどん遠ざかってしまいます。

そのため、日焼けしてしまったけど、やっぱり白い肌になりたいと思った中学生は、ぜひ今からでも遅くないので美白ケアをしていくことが大切です。

中学生が肌を白くする方法:②毎日日焼け止めを塗る

日焼け防止のためには毎日、日焼け止めを塗って紫外線から肌を守ることが大切 です。

日焼けをするのは、夏の暑い時期のイメージもありますが、紫外線は1年中存在しています。

春夏秋冬、季節を問わず肌は紫外線をあびています。

一年中日焼け止めを塗るといいですね!

また、日差しがない雨や曇りの日でも、基本的に紫外線は降り注いでいます。

日焼け防止や肌を守るためにも、日焼け止めは基本的に毎日のルーティンとして、塗り続けると良いです。

昔とは違い地球温暖化の影響で紫外線の量も年々増加しています。

現代は私達が思っている以上に大量の紫外線を毎日浴びていることになります。

肌に優しい日焼け止めは、中学生の美白にも必須のアイテムになりました。

値段は高目ですた焼けないという意味では最強の日焼け止めかと!

created by Rinker
アネッサ(ANESSA)
¥2,650 (2024/05/25 06:28:20時点 Amazon調べ-詳細)

さらっとした着け心地で、塗ってもべたつくことがありません。また、日焼け止めとしても効果が高いと口コミが多いです。

日焼け止めはSPF50を選ぼう!

ポンプ式で忙しい朝でもワンプッシュですぐ手に取ることができます。大容量で安く購入できるのでコスパが良いという口コミが多いです。

中学生が肌を白くする方法:③プチプラの美白化粧品でスキンケア

毎日、日焼け止めを塗って紫外線から肌を守るだけではなく、美白化粧品でスキンケアすることも大切 です。

水分を含まない食品をフライパンで焼いた時に焦げやすくなるのと同じ仕組みで、肌も水分量が足りず乾燥していると日焼けしやすくなります

化粧水や乳液などの基礎化粧品には、美白ケア以外にもニキビケアや保湿ケアなど、たくさんのブランドや肌悩みに応じたスキンケア商品がたくさんあります。

どれがいいのか悩んでしまいますよね?

たくさんの基礎化粧品のうち、特に美白化粧品を選ぶ際のポイントは美白ケアに特化した化粧品を選ぶことです。

ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などの美白の有効成分とされるものが入っているかを確認する

美白成分の入った化粧水は高いものが多いです。

しかし、中学生ならまだ肌の免疫力が強いので高価なものではなくて、1,000円前後の化粧品でも大丈夫です。

https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/4987241169689/
美白に有効なビタミンC誘導体と、抗炎症作用も含まれているので、思春期でニキビに悩む人にもピッタリの化粧水です。値段も1000円以下なので基礎化粧品を初めて使う人もどんなものか試してみるのもいいかもしれません。

中学生が肌を白くする方法:④ビタミンを摂取する

「ビタミンC」には日焼けの素となるメラニンの生成を抑える働きがあります。

食べ物からビタミンCを摂るのも良いですが、熱に弱く吸収率も悪いため、ビタミンCを含む食品を大量に食べないと体に取り入れることが難しいです。

そのため、サプリメントからビタミンCを摂取する人もいます。

ドラッグストアにもたくさんのサプリメントが販売されていて、値段も高価なものから、低価なものまでたくさんあります。

中学生は肌の回復力も強いので、高価なものを買う必要はありません

サプリメントが初めての場合、まずはお試し感覚で低価格のものを選んで摂取すると良いでしょう。

サプリメントは摂取してすぐに効果が出るわけではありません。

たくさん摂取すれば良いわけではなく、毎日続けていくことが大切なので、きちんと用量を守って飲み続けてくださいね。

中学生が肌を白くする方法:⑤しっかりと寝る

中学生の美肌には睡眠がとても大事になります!

寝不足では体調不良になりやすいことに加えて、お肌の調子も悪くなってしまいます。

特に「睡眠のシンデレラタイム」には眠りについていると良いと言われていますよ♪

「睡眠のシンデレラタイム」には、お肌の成長ホルモンがたくさん出るとのこと。

睡眠のシンデレラタイム:夜の22〜26時の間や眠り始めの3時間のこと

寝ている間に肌が修復し美肌が作られる

肌が紫外線にさらされて、刺激を受けるとメラニンという肌を黒くする働きをする成分が生成されることが知られています。

実は夜更かしをしてシンデレラタイムに起きていると、この肌を黒くするメラニンが生成されやすくなってしまいます。

そのため、22時~26時の間は肌の調子を整えるためにも、しっかり睡眠を摂ることが大切です。

中学生が肌を白くする方法:⑦スキンケアをする

紫外線から肌を守るために、日焼け止めを塗る以外にも、毎日洗顔や保湿などのスキンケアをして、常に肌を清潔に保つことが大切です。

中学生のスキンケアで一番大事なのは洗顔です!

毎日の洗顔を怠ると、以下のような肌トラブルにあいやすくなります。

  • 毛穴汚れが目立つ
  • 皮脂が過剰に分泌され肌が荒れる
  • ニキビができやすくなる
  • 肌が黒く見えてしまう

肌の調子を整えるといった意味でも洗顔屋保湿などのスキンケアはとても重要です。

スキンケアを毎日行うことで、少しずつ肌の調子が整います。

中学生が肌を白くする方法:⑥ニベアなどで保湿する

ニベア自体には美白成分は含まれていませんが、肌を保湿して肌の調子を整えることで、肌に透明感が出たり、結果として肌を白く見せることができます。

ニベアを使ったスキンケアのやり方としては、以下の3ステップです♪

  1. しっかり洗顔して日焼け止めを落とす
  2. 次に美白効果のある化粧水を塗る
  3. 保湿剤としてニベアを塗る

ニベアは値段も高くないので、気軽に購入できる商品ですね。

保湿剤として取り入れやすいスキンケア商品だと言えます。

しかし、中学生がニベアを顔に使う場合は1点注意点があります。

ニベアは油分が多く含まれているため、ニキビが出やすい中学生の方々はたっぷり使いすぎるとニキビが悪化する可能性があるので注意が必要です。

お肌に潤いを与える適量を使うようにしてくださいね♪

中学生が肌を白くする方法:⑧よい食べ物を食べる

中学生の色白美肌には食生活が大きく関係しています。

食生活が乱れると、体調不良になったり肌の調子もニキビが出たり、顔色が悪くなったりと乱れてしまいます。

特に、部活動をしていて帰りが遅くなったという場合、ついついお腹が空きすぎて、食べ過ぎてしまうなんてことも多いのではないでしょうか。

またストレスを感じる時などは、チョコレートやアイスなど甘いものをたくさん食べてしまいますよね!

しかし、塩分や糖分を摂りすぎると、シミや日焼けのもととなるメラニンが生成しやすくなると言われています。

そのため、食生活にも気を付けることで体調も肌の調子も良くなります。

メラニンの生成を抑える栄養素
  • ビタミンC(ナッツ類、かぼちゃなど)
  • ビタミンA(にんじん、カボチャ、ほうれん草など)
  • ビタミンE(ブロッコリー、キウイフルーツなど)
  • リコピン(トマト、すいかなど)

ビタミンC・ビタミンA・ビタミンEは「ビタミンのエース」と呼ばれ、肌をキレイに保つためにとても重要な栄養素です。

色の濃い緑黄色野菜に多く含まれているので、積極的に摂るのが良いです。

また、リコピンが多く含まれるトマトは「食べる日焼け止め」とも呼ばれています。

特にリコピンは朝に摂取すると効果的と言われているので、朝食で積極的に食べると良いですね。

中学生が肌を白くする方法:⑨休日のお出かけは帽子を被る・日傘をさす

つばの大きい帽子や、紫外線をしっかりカットしてくれるような日傘がたくさんあります。

帽子や日傘は紫外線対策としてではなく、夏の暑い中でも体感温度を下げてくれる役割があります。

紫外線対策としてだけではなく、熱中症対策としても日傘や帽子を使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

中学生が肌を白くする方法 まとめ

中学生が肌を白くするための方法についてポイントをお伝えしました。

  • 日焼け止めを使うのを習慣づける
  • 洗顔や化粧水、ニベアなどでスキンケアをする
  • 食生活や睡眠などの日々の生活を整えるように意識する

中学生はまだ若いので、日焼けをしても元通りに戻ることが多いです。

しかし、若い時に浴びた紫外線の量が、年を取った時にシミやくすみなどの肌トラブルの原因にもなります。

若いうちからしっかりとケアするのとしないのとでは、年齢を重ねたときに違いがでてきます。

後々後悔しないためにも、中学生の今のうちにしっかりとスキンケアを行いましょう!

日焼けにも負けない色白の透明肌を目指してくださいね。

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
ラベイユBlog
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました