隅田川花火大会2023の屋台の場所はどこ?営業時間や出店数まとめ | ラベイユBlog

隅田川花火大会2023の屋台の場所はどこ?営業時間や出店数まとめ

第46回隅田川花火大会2023が4年ぶりに2023年は7月29日(土)開催されます。

この記事では、隅田川花火大会2023の打ち上げ会場の場所や、打ち上げ時間、打ち上げ発数や屋台の出店場所、混雑状況や穴場スポットなどを紹介します。

スポンサーリンク

【第46回】隅田川花火大会2023の基本情報

隅田川花火大会は、江戸時代から続く日本で最も歴史ある花火大会です。昭和36年までは「両国の川開き」という名称で行われていました。

第46回(2023年)隅田川花火大会は7月の最終土曜日である29日の午後7時から午後8時30分の予定で開催され、昭和53年に「隅田川花火大会」と名前を改めています。

【第46回】隅田川花火大会2023の開催日は

2023年7月29日(土) 午後7時~8時30分予定

隅田川花火大会2023の花火の打ち上げ時間

  • 第一会場19:00~
  • 第二会場19:30~

小雨決行。荒天気の場合は当日の午前8時に実習の可否が決定されます。

隅田川花火大会2023の打ち上げ発数

約20,000発

  • 第一会場 約9,350発(コンクール玉200発を含む)
  • 第二会場 約10,650発

隅田川花火大会2023の人で予想

隅田川花火大会2023は4年ぶりに開催されます。過去の花火大会の人出は以下の通りです。

  • 2019年度 95万9千人
  • 2018年度 87万4千人
  • 2017年度 75万人
スポンサーリンク

隅田川花火大会2023の打ち上げ場所とアクセス・最寄り駅

隅田川花火大会2023は、東京都浅草周辺隅田川河川敷2箇所から打ち上げられます。

第1会場と第2会場の電車の最寄り駅は以下の通りです

第一会場

桜橋下流~言問橋上流(打ち上げ開始:午後7時)
最寄駅:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅

打ち上げ場所の地図

第二会場

駒形橋下流~厩橋上流(打ち上げ開始:午後7時30分)
最寄駅:浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

打ち上げ場所の地図

スポンサーリンク

隅田川花火大会2023の駐車場

隅田川花火大会2023に専用の駐車場はありません。

花火大会当日は大規模な交通規制もあるので公共交通機関の利用がおすすめです。

隅田川花火大会2023の交通規制図

隅田川花火大会2023の交通規制図

花火大会会場の付近では18時から21時30分頃まで通行禁止区域があったり一方通行になったり交通が規制されます。

車両通行止めなどもあります。

お年寄りや小さなお子さんには過酷な状況になるので、歩きやすい靴で。

水分をたくさん持って熱中症対策もしていきましょう!

スポンサーリンク

隅田川花火大会2023の混雑状況

隅田川花火大会が最後に行われた2019年の来場者数は95万9000人でした。

会場周辺は大混雑し、屋台で飲食するにもかなりの列が並んで買えない状態が続きました。

同じく4年ぶりに行われた足立の花火大会も大変な人出でした。

TVerやテレ東u-nextなどでも隅田川花火大会2023がリアルタイムで中継されます。

混雑が苦手な方は自宅のテレビで花火大会を楽しむことができます。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2023の屋台の出店場所

  • 浅草駅周辺
  • 蔵前駅周辺
  • 曳舟駅周辺
  • 本所東橋駅周辺
  • 押上駅周辺
  • 両国駅周辺

浅草の浅草寺

お祭り気分を味わいたいなら浅草寺がおすすめ。日中の日の高いうちからたくさんの出店で賑わっています。

水戸街道

国道6号線の明治通りから言問橋の区間に多くの屋台が出店されます。

17時からは歩行者天国になることが予定されています。

隅田公園

隅田公園周辺にもたくさんの屋台が出店します。

一方通行になるので戻ることができませんので気をつけましょう!

蔵前駅周辺

第2会場に近い蔵前駅周辺では飲食店やコンビニの前に屋台が出店されています。

コンビニではトイレも借りることができるので安心ですね。

汐入公園

近くのスーパーやコンビニなどが臨時の店舗を出店しています。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2023の穴場スポット

隅田川花火大会2023の花火を混雑を避けて見たい場合の穴場スポットを紹介します。

タワーホール船堀の展望塔

展望塔から花火を眺めるのもキレイです。入場無料なのもうれしいポイントです。

第一、第二両会場の花火を両方観ることができます。トイレもあるので女性やお子さんにも安心です。

銅像堀公園

場所:墨田区向島5丁目9-1

最寄駅:東武亀戸線・東武スカイツリーライン「曳舟」駅

東京都墨田区向島にある公園です。近くに高い建物がないうえに、打ち上げられる花火を間近でゆったりと見られます。

汐入公園内土手

隅田川の河川敷の土手からきれいな花火を見ることができます。

スカイツリーと花火を一緒に写真に収めることができます。

レジャーシートか椅子を持って場所取りをしてくださいね。

荒川の土手

荒川の河川敷からもきれいな花火を見ることができます。

土手なのでレジャーシートと虫除けを持って行ってくださいね。

東京スカイツリー展望デッキ

東京スカイツリーでは2023年7月29日(土)に開催される第46回隅田川花火大会を眼下に観覧することができる「隅田川花火大会特別営業」を実施します。
17:30~20:30の間、約900名様限定

特別営業のため、抽選で当たった方のみ入場可能です。

料金は1人あたり6,500円で、お土産付きです。

また、レストランの特別営業に応募する方法もあります。食事をしながら夜景と花火を同時に楽しめます。

花火大会にはレジャーシートが必須!

打ち上げ時間までくつろげる寝転べるサイズのレジャーシート がおすすめです。

\めざましランキング1位のレジャシート(楽天ランキングも1位)/

外出時は一年中紫外線対策を!
\楽天ランキング1位の完全遮光100%の日傘/

楽天の日傘売れ筋ランキング↓↓
スポンサーリンク

隅田川花火大会2023屋台や穴場情報 まとめ

令和元年以来の4年ぶりに隅田川花火大会2023が開催されます。

4年ぶりの花火大会ということで100万人が観覧すると予想され、混雑必至です。

安全に時間には余裕をもって隅田川花火大会を楽しみましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました