沖縄美ら海水族館の混雑情報2022!見どころ3選!割引チケット情報も

沖縄県本部町にある海洋博公園内にある沖縄美ら海水族館は、自然豊かな沖縄の海をそのまま展示するというコンセプトで、観光客に人気の水族館です。

年間利用者数は300万人を超える沖縄の代表的な観光名所といってもいいでしょう。

沖縄県ということもあり、電車での移動はできないので沖縄美ら海水族館に行きたいという人は沖縄那覇空港から出ているバスに乗るか、車で移動する必要があります。

ここで気になるのが、沖縄美ら海水族館への行き方や、割引チケットはあるかなど、お得に水族館を楽しむ方法、混雑状況ですよね。

今回は沖縄美ら海水族館の基本情報や口コミなどもあわせてご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館が混雑するのはいつ?回避情報も!

沖縄美ら海水族館が混雑するのは、基本的に土日祝日、ゴールデンウイークやお盆などの大型連休です。
時間帯は主に11時~16時、17時前後が混雑しやすくなっているとホームページに記載がありましたが、
現在は感染対策のため営業時間9時~17時に短縮しています。

開館時間が変わるので確認してから計画を立てるといいですね!

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の基本情報

住所 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424

電話番号 0980-48-3748

沖縄美ら海水族館の営業時間

通常期8:30~18:30(入館締切17:30)

繁忙期8:00~20:00(入館締切19:00)

  • 2022年4月29日~5月5日
  • 2022年7月23日~8月31日
  • 2022年12月29日~2023年1月3日

※2022年1月13日(木)~当面の間コロナウイルス感染防止対策として営業時間短縮
9:00~17:00(入館締切16:00)

定休日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

ホームページ 沖縄美ら海水族館公式サイト

沖縄美ら海水族館の地図

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館のチケット料金

沖縄美ら海水族館には2種類のチケットがあります。

① 通常チケット

  • 大人1880円
  • 中人(高校生)1250円
  • 小人(小・中学生) 620円
  • 6歳未満 無料

② 4時からチケット(2022年1月13日より営業短縮しているためチケット販売一時中止中)

  • 大人 1310円
  • 中人(高校生) 870円
  • 小人(小・中学生) 430円
  • 6歳未満 無料

通常期であれば、4時からチケットで通常料金より500円ほど安くなってしまうんです!

4時間以上も楽しめるということで人気のチケットですよ。

かなり割引されているチケットなので、再開をチェックするといいですね!

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の駐車場

海洋博公園内にはP1~P9まであり、すべて無料です。

たくさん駐車場があるのですが、沖縄美ら海水族館の最寄りの駐車場は北ゲート駐車場(P7立体駐車場)です。

目印は「P7(水族館駐車場)」の看板。

沖縄美ら海水族館駐車場の混雑状況

土日祝日、大型連休は駐車場もかなり混雑すると予想されています。

水族館から一番近いP7は駐車できる台数が1083台と多くはないので、すぐ埋まってしまうことが多いようです。

ですが、海洋博公園内にはパーキングが9つもあるので、止められないということはなさそうですね。

もし、一番近くのP7に止めたいと考えている人は通常期で、午前9時前後まであれば比較的空きがあります。早目の行動が◎

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の混雑回避の裏技

通常期であれば、午前9時前後または午後6時頃であれば少し混雑が緩和されています。

現在は感染症対策の関係で、情報が更新されていませんが、2020年の6月までの『時間帯別混雑状況』というのが、公式のホームページに出ていますので参考になると思います。

ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館へのアクセス方法

沖縄美ら海水族館へのアクセス方法について解説します。

車での行き方

沖縄那覇空港から、高速道路利用で約2時間、一般道を使うと約2時間50分で移動が可能です。

バスでの行き方

バスでの行き方は2つのルートがあります。

① 那覇空港→海洋博公園

・運航やんばる急行バス、高速バス系統117(直行):所要時間約2時間20分
・沖縄バス空港リムジンバス:所要時間約2時間15分
・沖縄エアーポートシャトル:所要時間約2時間30分
・美ら海ライナー:所要時間2時間

② 那覇空港→那覇バスターミナル→名護バスターミナル→海洋博公園

・高速バス系統111(名護バスターミナル乗り換え):所要時間3時間
・一般路線バス:所要時間約3時間30分

※時間によって運航のバス会社が違い、ルートが異なるので注意が必要です。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の口コミ

・満足度が高かった。半日では全部は周れないほどだった。
巨大水槽の大きさとジンベイザメには圧巻!お食事処もあり、巨大水槽を見ながら食事が楽しめます。

・きれいな海がそばにあって、海の生き物を眺められる。空港からは車が必要だけど、行くまでの道のりを楽しむのもまた趣があっていい。全体的に広くてきれい。

・施設内はとてもきれいで通路の幅もとってもあり見やすいです。水槽の位置が低く、子供用の段差もつけてあります。小さなお子さんがいても楽しめる水族館だと思います。

スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の魅力と見どころ3選!

沖縄美ら海水族館の見どころを3つご紹介します。

① 沖縄美ら海水族館のメインスポット「黒潮の海」

多方面から観覧できる巨大水槽があります。

ここでしか見ることができないジンベイザメとナンヨウマンタたちの群泳を見ることができます。

巨大水槽を正面から見ることができる専用シートが56席もあるので、ぜひ座ってじっくりと観覧してみてはいかがでしょうか?

② 種類が豊富な「サンゴの海」

ここでは、約80種440群体のサンゴを見ることができます。

沖縄美ら海水族館の目の前の海から新鮮な海水を絶えず供給しているのそうで、沖縄の海の自然をそのままの姿で見ることが可能に!

本部町の海に潜って見たサンゴ礁の風景を参考にして作られているので、わざわざ潜りにいかなくても簡単に見ることができちゃいます。

③ オーシャンビューが楽しめるバイキングレストラン「イノー」

ここのレストランでは、東シナ海を一望できる場所になっており、地元本部町産あぐ~や県産食材を使用したバイキング形式のビュッフェを楽しむことができます。

料理の種類はなんと28種類!デザートソフトドリンクも食べ飲み放題です。

料金

  • 大人(中学生以上) 2000円
  • シニア(65歳以上) 1500円
  • 小人(小学生)   1000円
  • 幼児(3~5歳)   300円
スポンサーリンク

沖縄美ら海水族館の混雑情報まとめ

今回は沖縄にある沖縄美ら海水族館の混雑状況について2022年の最新情報まとめました。

感染症対策の関係で、現在は通常よりは空いている情報もでていますが、2022年の今年はゴールデンウイークが長いこともあり、沖縄に旅行を考えている人も多くいるのではないかと予想されています。

GWなどの大型連休は、かなり混雑に注意が必要ですね。

沖縄美ら海水族館は見どころが多く、半日では十分に楽しみ切れないほど魅力が盛りだくさんの水族館になっていますので、1日空けて楽しんでみてはいかがでしょうか。

日帰りもいいけど沖縄には泊まりでも行きたいですね♪

のこ
のこ
ホテルの予約は早目が◎

2022年の大ヒットのクールリング楽天1位の商品↓↓

クールリングの楽天の売れ筋ランキング↓↓

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました