国立科学博物館の混雑2022!料金と割引チケットはある?予約方法や見どころを紹介

東京都上野にある国立科学博物館は、明治10年に設立された歴史ある国立の総合科学博物館です。

「科博」の愛称で親しまれている国立科学博物館では、調査研究や標本資料の保管をはじめ、展示を通して学習支援を行っています。

日本館・地球館を中心とした常設展では、日本列島の歴史や地球環境の変動などを、様々な角度から紹介。子どもから大人まで楽しめる、興味深い展示がたくさんあります。

また、館内にある全球型映像施設「シアター36〇」は、360°全方位に映像が写し出され、独特の世界観が体験できるシアターです。

興味深い展示やイベントなど、見どころ満載の国立科学博物館。一度は行ってみたいと思いますよね。

しかし、人気の施設なので、気になるのは混雑状況です。いつ混雑するのか、回避する裏技や駐車場も知っておきたいポイントです。

また、安く入館できる割引きチケットやクーポンがあるかも事前に知りたいですよね。

こちらの記事では、国立科学博物館の2022年の最新情報について以下のことを詳しく調べてみました。

  • 国立科学博物館が混雑するのはいつ?回避情報も!
  • 国立科学博物館の基本情報
  • 国立科学博物館の割引チケット・クーポン
  • 国立科学博物館の駐車場
  • 国立科学博物館駐車場の混雑状況
  • 国立科学博物館の混雑回避の裏技
  • 国立科学博物館へのアクセス方法
  • 国立科学博物館の口コミと見どころ

 

これから国立科学博物館に行かれる方は参考にしてください。

スポンサーリンク

国立科学博物館混雑するのはいつ?回避情報も!

国立科学博物館が混雑するのはいつ?なのかみていきましょう。混雑の回避情報もまとめます。

国立科学博物館(上野本館) は事前にオンラインによる入館予約が必要となります。時間帯ごとに定員を設けての入館となるため、混雑しすぎることはなさそうです。

国立科学博物館の平日の混雑状況

平日の国立科学博物館は、比較的空いています。事前予約が必要なフロアも、予約が取りやすいので、平日の来館がおすすめです。

ただし、夏休み中や修学旅行シーズン、特別展の開催中などは、平日でも混雑する日があります。

事前予約を活用すると、混雑回避になりますよ。

国立科学博物館の土日の混雑状況

土日は、平日よりも混雑します。18歳以下は入館無料になるため、週末になると家族連れの方が多い傾向があります。

特に、恐竜の骨格展示やミュージアムショップ、レストランが混み合っています。混雑回避のため、事前予約制になっているエリアは、人混みが避けられます。

土日は、事前予約が取れない時期もありますので、お早めに!

国立科学博物館のゴールデンウィークの混雑状況

ゴールデンウィークは、国立科学博物館もかなり混雑します。そのため、開館時間が延長することもあります。

特別展やイベントの影響もあり、家族連れや友人同士の旅行で訪れる方が多いです。

ゴールデンウィークの混雑回避のため、入場券は「アソビュー 」であらかじめ購入しておくことをおすすめします。

また、混雑のピーク11:00〜15:00を避けて来館すると、混雑が緩和される可能性があります。

国立科学博物館の年末年始の混雑状況

年末年始、国立科学博物館は休館になります。そのため、混雑はありません。

ちなみに、周辺の上野公園やレジャー施設は、年末年始も賑わっています。初詣や観光で訪れる際は、公共交通機関の利用がおすすめですよ。

スポンサーリンク

国立科学博物館の基本情報

住所 東京都台東区上野公園7-20

電話番号 03-5777-8600

営業時間

  • 9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 金・土9:00~20:00(入館は19:30まで)

定休日 月曜日・12月28日~1月1日

国立科学博物館の入館料

国立科学博物館の入館料は以下のとおりです。

入館料
常設展示:一般・大学生630円  高校生以下 無料

※現在、国立科学博物館の本館入場には、事前予約が必要です。公式サイトの「入館予約」から事前予約ができます。

特別展「ポケモン化石博物館」一般・大学生1,200円 小中高生400円
(2022年3月15日~6月19日)

特別展「宝石 地球が生み出すキセキ」一般・大学生2,000円 正面生600円
(2022年2月19日~6月19日)

年間パスポート
国立科学博物館には、年間パスポートの代わりとなる会員制度があります。

①友の会・リピーターズパス
特典1・上野本館の常設展が入館無料
特典2・上野本館ミュージアムショップ、レストランやカフェが割引価格で利用できます。
特典3・上野本館常設展の音声ガイドを、無料で貸出。

入会方法:国立科学博物館の上野本館窓口で、入会手続きができます。

割引チケットやクーポン
5月18日「国際博物館の日」と11月3日「文化の日」は入館無料になります。

HP 国立科学博物館の公式サイト 

国立科学博物館の地図

スポンサーリンク

国立科学博物館の駐車場

国立科学博物館には、専用駐車場がありません。

そのため、近隣の有料駐車場をご利用ください。

①Parking in 上野駅前
営業時間:24時間
駐車料金:普通乗用車  30分300円  1日最大1,800円

②京成上野駅駐車場
営業時間:6:00~22:00
駐車料金:普通乗用車  1日18,00円~

③上野パーキングセンター
営業時間:24時間
駐車料金:普通乗用車  1日1,300円~

④台東区立上野中央通り地下駐車場
営業時間:24時間
駐車料金:普通乗用車  最初の30分300円  以降10分ごとに100円

国立科学博物館駐車場の混雑状況

国立科学博物館の駐車場や館内の混雑状況について、実際に訪れた方のツイートを見ながら確認してみましょう。

やはり、特別展は人気が高いですね。

スポンサーリンク

国立科学博物館の混雑回避の裏技

国立科学博物館の混雑回避の裏技についてまとめます。

①入場券は事前に購入

ゴールデンウィークや夏季は混雑するので、入場券を「アソビュー 」で購入しておくと、スムーズに入館できます。

②駐車場の混雑回避

国立科学博物館には、専用駐車場がないため、公共交通機関の利用が便利です。駐車場を探し回ることもなく、スムーズに行動できます。

③食事はラウンジでとる

館内には、レストラン「ムーセイオン」やカフェ「くじらカフェ」があります。お昼頃は混雑して、数分待つことになります。

混雑回避のため、軽食を持参してラウンジやハーブガーデンで食事をとると良いと思います。

スポンサーリンク

国立科学博物館へのアクセス方法

国立科学博物館へのアクセス方法をまとめます。

公共交通機関でのアクセスと最寄り駅

  • JR上野駅公園口から徒歩約5分
  • 東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」7番出口から徒歩約10分
  • 京成線「京成上野駅」正面口から徒歩約10分

車でのアクセス方法

国立科学博物館には駐車場がないため、公共交通機関の利用が推奨されています。

スポンサーリンク

国立科学博物館の口コミと見どころ

国立科学博物館の口コミや評判と見どころをまとめます。

国立科学博物館の見どころの一つは、圧倒的な迫力の恐竜の骨格標本展示です。子どもが好きそうな、ティラノサウルスやトリケラトプスなど、多数の恐竜の骨が展示されています。

一方、大人の方に好評な日本館では、動物の剝製や化石などを見学することができます。

1日では全て見学できないほど充実した常設展や、興味深い特別展、国立科学博物館は見どころ満載ですね。

宝石展は、間近で見るとより美しさに見惚れてしまいそうですね。

スポンサーリンク

国立科学博物館の混雑状況2022まとめ

国立科学博物館の混雑状況やチケット情報、見どころなど2022年の最新情報をまとめました。

敷居が高いイメージがある国立科学博物館ですが、高校生以下が無料で、気軽に入館できる博物館です。

特別展は、子どもに大人気のポケモンや、大人の方向けの宝石などがテーマになっています。

事前予約制の展示もありますので、お出かけの際は、公式サイトでご確認ください。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました