笠間稲荷神社の初詣2023!駐車場と屋台の営業時間・混雑や渋滞まとめ

笠間稲荷神社 お出掛け

茨城県笠間市にある笠間稲荷神社は、1300年もの長い歴史を誇る茨城県でも有数の神社です。

「伏見稲荷大社」、「祐徳稲荷神社」と並んで「日本三大稲荷」としても有名!

金運や仕事運にご利益があるパワースポットでもあるので、初詣には県内外からの多くの参拝者で賑わいます。

笠間稲荷神社に初詣に行きたい場合、2023年の参拝時間や混雑状況が気になりますよね。

この記事では、笠間稲荷神社の初詣について、2023年の参拝期間や混雑状況や開門と閉門の時間、屋台やお守りのお焚き上げがあるか?

御神酒は振る舞われるのか?アクセス方法や駐車場、周辺ランチ情報などについてまとめます。

スポンサーリンク

笠間稲荷神社の初詣2023年の混雑状況は?

笠間稲荷神社の2023年の元旦の参拝の混雑予想についてみていきましょう。

2022年の初詣は、2021年よりもかなり人出が増えました。

2023年も2022年と同様もしくはそれ以上に混雑する可能性があります。

3が日に初詣に行く場合は、大晦日の夜からが混雑のピークになるので、元旦の早朝もしくは1日の夕方以降に参拝に行かれることをおススメします。

笠間稲荷神社の初詣の参拝者数

笠間稲荷神社では、正月三が日で全国各地から約81万人の参拝客が訪れます。

年間では350万人の参拝客が訪れ茨城県では第1位となっています。

笠間稲荷神社では、大晦日の12月31日の夕方から新年にかけて1年のお参りをし、午前0時からの元旦に再び新年の参拝をする「二年参り」の風習があります。

そのため、大晦日・元旦はかなりの人で混雑します。

笠間稲荷神社の初詣2023年の開門時間・閉門時間

明治神宮の初詣2023年の開門時間と閉門時間は以下のとおりです。

参拝時間
1月1日 0時~20時
1月2日 6時~19時
1月3日 6時~19時
1月4日~15日 6時~日没

笠間稲荷神社が混雑する時間

「二年参り」の風習があるので大晦日から元旦午前0時、元旦0時から日中の15時くらいまでは
大変混雑します。

1月1日は夕方の16:00以降と2日、3日の朝の6:00~8:00は比較的空いています。

三が日を過ぎると空いてきますので、少しずらすと楽に参拝できます。

2022年の1月1日は大勢の参拝客で混雑しました。

不要のお守りを返納できるお焚き上げはある?

笠間稲荷神社には、「古札納札所」があります。

こちらでは、御神札とお守りを返納することができます。

*神棚・だるま・人形などは受け付けていません。

お正月だけの特別な催し

笠間稲荷神社では、以下を始め、1月には多くの祭事が行われます。

・大祓式…12月31日午後4時30分

・歳旦祭…1月1日午後5時

・元始祭…1月3日午前8時

・新始祭…1月5日午前10時

・初甲子祭…1月6日午後3時

・昭和天皇祭遥拝式…1月7日午前8時

甘酒や御神酒の振る舞いはある?

笠間稲荷神社では初詣客への甘酒や御神酒の振る舞いはありません。

初詣時期に出店されている屋台で甘酒の取り扱いがあります。

また、笠間稲荷神社の御神酒を作っている酒蔵である「笹目宗兵衛商店」で、甘酒を注文することができます、(甘酒みかんや甘酒トマトもあります。)

笠間稲荷神社2023の屋台の種類や営業時間は?

笠間稲荷神社の門前の仲見世通りに、数多くの屋台が出店します。

出店の営業時間は、笠間稲荷神社の参拝時間に合わせて、12月31日の大晦日の夕方から元旦は夜通し営業しています。

2日・3日は10時~19時頃まで営業しているお店が多いようです。

たこ焼き、やきそば、フランクフルト、ベビーカステラ、チョコバナナ、クレープ、おでん、からあげ

などの定番メニューは、一通り揃っています。

おススメは、笠間名物である「バター饅頭」。

カスタードと餡子の2種類があり、一口食べるとバターの香りが口いっぱいに広がってとても美味しいと評判です。

屋台メニューとしては珍しいので、参拝ついでに是非ご賞味ください!

笠間稲荷神社の初詣の出店は種類も沢山あって楽しいですね!

スポンサーリンク

笠間稲荷神社の基本情報

笠間稲荷神社公式ホームページ

住所…茨城県笠間市笠間1番地

笠間稲荷神社へのアクセス方法

笠間稲荷神社へのアクセス方法は以下の通りとなりますので、ご参考にしてください。

電車の場合

・JR水戸線 笠間駅下車→バスかタクシーで5分

・JR常磐線 友部駅下車→バスで20分

バスの場合

・かさま観光周遊バス(*月曜日運休)笠間稲荷神社前下車

・高速バス 笠間稲荷神社入口下車

車の場合

・東京方面から常磐自動車道→北関東自動車道友部IC下車、国道355号経由約15分

・いわき方面から常磐自動車道→水戸IC下車、国道50号線経由約20分

・郡山方面から磐越自動車道→栃木都賀JCT→北関東自動車道友部IC下車、国道355号経由約15分。または、北関東自動車道笠間西IC下車、国道50号(水戸方面)経由約15分

笠間稲荷神社の初詣の駐車場

笠間稲荷神社の境内に専用駐車場(25台)があり、無料で利用することが出来ます。

*お正月期間は駐車場を利用することが出来ません。

駐車できない期間は12月31日~1月3日となります。

笠間稲荷神社前の通りは、交通規制が行われます。は通行することができないので注意です。

笠間稲荷神社の初詣で駐車できる駐車場

笠間稲荷神社境内の無料駐車場は三が日は閉鎖され、地蔵前駐車場をはじめ周辺駐車場も7日までは有料になるところがほとんどです。

大一駐車場は徒歩3分と近いです。

荒町駐車場、鷹匠駐車場、笠間稲荷駐車場があり、最混雑時は市民体育館の駐車場や小学校も利用できます。

おすすめは、神社まで徒歩5分の場所にある「地蔵前駐車場(90台)」です。

笠間稲荷神社 地蔵前参拝者用駐車場↓↓

砂利敷の駐車場です。雨の日はぬかるむので注意です。

通常は無料ですが、12月31日~1月7日は有料で500円です。

予約できる駐車場を探す

周辺の駐車場を事前に予約するサービスを利用する、という手もあります。

一度、無料登録しておけば、全国の人気観光地や施設周辺でも利用可能!

検索窓に笠間稲荷神社と入力すると予約できる駐車場が出てきます。

最大30日から14日先まで予約可能です。前日までのキャンセルは無料でできるのもポイント!

akippa(あきっぱ!)で周辺の駐車場を探す

予約できる駐車場「タイムズのB」で周辺の駐車場を探す

事前に駐車場を予約しておけば駐車場を探し回る必要がなく安心ですし、この方が駐車料金が安上がりの可能性もありおすすめです。

笠間稲荷神社周辺のランチにおススメのお店3選

十割そば 紅葉亭

十割そば 紅葉亭は、手打ちそばの専門店です。

こちらは鴨が自慢のお店ということもあり、人気メニューは、「かも汁そば」。

三立てそばと柔らかい鴨肉を使用した温かいかも汁のセットです。

天ぷらのボリュームたっぷりの「天もりそば」もおススメですよ。

釜めし はらだ

釜めし はらだは、釜めしのお店です。

茨城産のこしひかりと鰹節と昆布だしの旨味のつまった釜めしが絶品だととても人気!

栗釜めしや、海釜めし、鶏釜めしなどの釜めしメニューが揃っているのはもちろん、フライ物の御膳を始めとする沢山の御膳メニューも取り扱っています。

お子様御前もあるので、子どもから大人までみんなで楽しめるお店となっています。

洋食屋SUN

洋食屋SUNは、アットホームな雰囲気のほっとできる洋食屋さんです。

メニューは、スパゲティ・カツカレー・ビーフカレー・オムライス・カキフライ・コロッケ・ハンバーグ・メンチカツなどなど。

人気メニューは、「ハンバーグ・エビフライ・カニクリームコロッケ盛り合わせランチ」!

洋食派には是非おススメしたいお店です。

スポンサーリンク

笠間稲荷神社の初詣2023まとめ

今回は、笠間稲荷神社の初詣2023について紹介してきました。

約1360年の歴史をもつ笠間稲荷神社は、京都の伏見稲荷大社、佐賀の祐徳稲荷神社と並んで、「日本三大稲荷」と呼ばれている由緒ある神社です。

パワースポットでもあるので、1年のはじめに参拝するとご利益があるかも!

笠間稲荷神社の初詣には例年多くの人が訪れます。二年参りも相まって年末年始は特に混雑します。

できるだけ、早朝や夕方以降、または4日以降に参拝するなどして、混雑を回避しながら初詣と屋台を楽しんでくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました