カヌレの賞味期限や日持ちは?常温/冷蔵/冷凍保存の方法や長持ちさせるコツ!美味しいアレンジレシピも | ラベイユBlog

カヌレの賞味期限や日持ちは?常温/冷蔵/冷凍保存の方法や長持ちさせるコツ!美味しいアレンジレシピも

カヌレの賞味期限や日持ちはどれくらいなのでしょうか?カヌレの保存方法には、常温・冷蔵・冷凍保存の3つの方法があります。

それぞれにメリットや注意点、賞味期限を長持ちさせるコツがあります!

カヌレはフランスの伝統的な焼き菓子で、ラム酒やバニラのコクが効いた上品な味で人気。

表面はカリッとしていて、中はもっちりとした食感、ころんとしたかわいらしい形が特徴的で、幅広い年齢層から人気を集めています。

この記事では、大人気の焼き菓子カヌレの賞味期限はどれくらいかや、カヌレの日持ちを長くする方法をまとめました。

また、カヌレの美味しいアレンジレシピも紹介します。

スポンサーリンク

カヌレの賞味期限はどのくらい?日持ち・保存方法をチェック


カヌレの保存方法は常温・冷蔵・冷凍の3つですが、気温や湿度などに注意して保存をしなければなりません。

保存方法を間違えると、せっかくの美味しいカヌレが台無しになってしまうことも。

カヌレの賞味期限と保存方法をしっかりと抑えて、美味しくカヌレを食べたいですね。

スポンサーリンク

市販のカヌレの賞味期限や日持ちは何日?

市販のカヌレの賞味期限や日持ちは、基本的に2~3日 だと言われています。

お店によっては5日というところもあり、マフィンやマドレーヌなどの焼き菓子の一般的な賞味期限と同じくらいです。

ただ、味はもちろんのこと、カヌレは中と外の食感の違いを楽しむお菓子でもあります。

そのため、一番おいしい状態で食べられるのは購入した当日か、遅くても翌日には食べ切るのをおすすめしているお店も多いです。

スポンサーリンク

手作りカヌレの賞味期限や日持ちは何日?

手作りカヌレの賞味期限や日持ちは基本的に1~2日 です。

特に、手作りのものは保存料が入っておらず、傷みやすいので、早めに食べきると安心です。

また、数日経過すると、中の水分量が落ちてしまい、あのもっちりとした独特な食感が、パサパサとした食感に変わってしまいます。

カヌレを自宅で手作りされる方は、作ってから2日以内に食べる方が良いですね!

カヌレは焼きたてが一番おいしいため、早めに食べ切るのが良いでしょう。食べきれない分は冷凍保存をすれば1ヶ月は美味しく頂けます。

スポンサーリンク

カヌレの保存方法は常温で大丈夫?

カヌレは常温保存が基本 です。

常温での保存は食感や風味を損なうことなく美味しく味わえるので、特におすすめの保存方法です。

しかし、常温保存する場合は日持ちしないため、当日あるいは翌日に食べきることが大切です。

特に、夏場など高温多湿の環境に置いておくと傷みのスピードは早くなるので、心配な時は冷蔵保存するのが良いでしょう。

カヌレの保存方法①常温での保存方法とメリット

常温保存のメリットとしては、温め直す手間がなく、食感がそのまま保てる点です。高温多湿、直射日光を避けて保存しておきます。

しかし、この保存方法は涼しい時期(秋や冬など)には適していますが、夏場の暑い時期や梅雨の湿気の多い時期は、湿度の影響でカヌレの食感が損なわれることもあるので注意。

暑い時期や湿気の多い季節は、常温保存は避けて冷蔵庫で保存した方が安心です。

カヌレの常温での保存期間は当日から翌日までです。

また、保存する上で大切なのは、以下の3つです。

  • 粗熱をとる
  • 一つ一つラップに包む
  • 保存袋に入れる

また、当日の湿度、気温に注意して早めに食べた方がよいでしょう。

カヌレの保存方法②冷蔵での保存

カヌレを冷蔵庫で保存する場合は、常温保存に比べると気温や湿度に左右されず保存でます。

また常温よりは、少し日持ちさせることができるのがメリットです。

カヌレの冷蔵庫での保存期間は3日から4日です。

常温保存が心配な時や、チョコなどデコレーションされているときは、冷蔵庫で保存すると安心です。

冷蔵での保存方法は、常温保存と同じく「粗熱をとる・個包装でラップ・保存袋に入れる」3つをしっかりすると良いでしょう。

しかし、冷蔵保存は、冷蔵庫の開け閉めで温度や湿度の変化を受けやすいので、食感が変化しやすい可能性があります。

可能であれば、乾燥材を保存袋に入れたり、冷蔵庫の奥の方に置くことで、食感の変化を少しでも防ぐことができます。

また、食べる30分前に常温に戻しておく と、美味しく食べることができます。

冷蔵庫からだしてすぐ冷たいままでも、通常のカヌレのサックとした食感とは違う、しっとりした食感を味わうことができます。

カヌレの保存方法③冷凍での保存

カヌレを冷凍で保存する場合は、常温、冷蔵よりも長期の保存ができます。

また、正しい解凍方法で、冷蔵保存よりも美味しく食べられるのがメリットです。

冷凍保存した場合の日持ちは2週間から1ヵ月 です。

長くて1ヵ月としていますが、冷凍焼けや、ほかの食品の匂い移りなどで味や食感が急激に悪くなることがあるので2週間を目安に食べきるのがベストです。

保存方法は、常温や冷蔵と同じですが、保存袋に入れたときに空気を抜くことが大切です。

そうすることで、酸化によって風味が損なわれるのを、防ぐことができます。

冷凍カヌレの解凍方法

冷凍したカヌレの解凍方法は、美味しく食べるには以下の2つのステップを踏むと良いです。

カヌレの解凍方法
  1. 冷蔵庫で自然解凍(12時間が目安)
  2. その後、常温で30分置きます

冷蔵庫で自然解凍後に食べても、しっとりした味わいになりますが、常温に30分置くことで作りたてに近い状態になります。

冷凍カヌレを焼きたてのようにする裏技

さらに冷凍したカヌレを焼きたてのように美味しく食べる方法を紹介します。

1.と2.をした後に、

3.常温に戻したカヌレに霧吹きをして、オーブントースターで3分~5分焼き、再び常温に冷まします。

3.の工程を踏むことで、焼きたてのような表面のカリカリ感を再現することができます。

もし、解凍するのに時短したいという方は、電子レンジで3分、オーブントースターで5分焼いて食べても美味しく食べることができます。

スポンサーリンク

期限切れのカヌレは食べられる?

もしカヌレの賞味期限や消費期限が切れてしまった場合は、食べられるのでしょうか?

カヌレの賞味期限や消費期限を確認する

カヌレを洋菓子店やコンビニで購入したとき、賞味期限か消費期限の記載があるかと思います。

「消費期限」が書いてある場合は、その期間までなら安全に食べられる期間で、その期間を過ぎると食品が劣化してしまうので食べないことを推奨しています。

「賞味期限」が書いてある場合は、未開封で表示された期限内であれば美味しく食べることができる期間を示すものとなります。

いずれもメーカーが国のガイドラインに沿って、多少過ぎても健康を害さない程度で、短めに期間を設定しています。

消費期限が過ぎている場合は、食べない方がよいですが、賞味期限であれば、未開封であることや、表示している保存方法を守っていれば、1日か2日ほど過ぎていても問題はないでしょう。

開封済みであったり、高温多湿の所で保管していたということであれば、食べるのは控えた方が良いです。

目や匂いで確認する

また、自分の目や匂いで確認することも大切です。

傷んでいて、食べれないカヌレを見分ける方法として、例を挙げます。

ネバネバと糸を引いている、納豆のような臭い、または酸っぱい臭いがする、食べたときに酸味があるなど。

いつもとは、違う味や食感だと思ったら、すぐに食べるのを止めるようにしましょう。

スポンサーリンク

カヌレをアレンジしておいしく食べる方法

カヌレのアレンジレシピを紹介します♪

カヌレを半分に切ってオーブントースターで焼くだけで半熟ブリュレ風になります。

外のカリカリ感と中の半熟感がたまらない一品がが美味しそうですね!

この投稿をInstagramで見る

なな(@___o7n___)がシェアした投稿

カヌレの上に生クリームやフルーツを飾ってアレンジするとパーティなどでも映えますね!

楽天でお取り寄せするカヌレのおすすめは?

東京カヌレのアソート8個セット!色々な味が楽しめます。

美味しいカヌレを通販でお取り寄せしたい場合は楽天ランキングから選べば外すことはないです!

>>楽天でカヌレの人気売れ筋ランキングを見てみてみる

スポンサーリンク

カヌレの賞味期限や保存方法 まとめ

カヌレはデコレーションされたかわいらしいカヌレも登場し、「映えるスイーツ」として洋菓子店だけではなく、コンビニでも見かけるほど身近なスイーツになりました。

今では人気スイーツとして浸透しているカヌレの賞味期限や保存方法についてまとめました。

カヌレを作りすぎてしまったり、知り合いからもらったけど食べきれない!

そんな時は、賞味期限を確認して、正しい保存方法で保管しておけば美味しく食べることができます。

また、普通のカヌレに飽きてしまったと思った時でも、自宅で簡単にアレンジレシピを楽しむこともできます。

賞味期限や保存方法に気を付けながらカヌレを美味しく食べてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました