さんぴん茶は妊婦でも飲める?カフェイン量やジャスミン茶との違い!飲むメリットを紹介

沖縄の代表的なお茶のひとつ『さんぴん茶』は体や心に良いとSNSでも人気のお茶です。

さんぴん茶は、中国でよく飲まれるジャスミン茶とよく似た風味のお茶で沖縄では有名なお茶ですが、カフェインが多めのお茶です。

さんぴん茶は妊婦でも飲むことができるのでしょうか?カフェインの量が気になりますね。

また、妊娠中や赤ちゃん、子供でも飲めるかが気になっている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、さんぴん茶について以下のことをまとめます。

  • さんぴん茶のカフェイン量
  • さんぴん茶は妊娠中でも飲める?
  • さんぴん茶は赤ちゃんや子供でも飲める?
  • さんぴん茶の効果効能について
  • さんぴん茶を飲むメリットやデメリット

ぜひ最後までご覧ください。

created by Rinker
沖縄ボトラーズ
¥4,990 (2024/02/22 18:25:01時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

さんぴん茶のカフェインの量はどれくらい?

さんぴん茶のカフェインの量がどれくらいなのか調べてみました。

さんぴん茶のカフェインの量は100mlあたり29.6㎎ です。

他のお茶の100ml当たりのカフェイン含有量と比べてみましょう!

  • さんぴん茶 29.6㎎
  • ウーロン茶 20㎎
  • プーアル茶 15㎎
  • ジャスミン茶 12㎎

他のお茶に比べてカフェイン含有量が多めですが、子宮収縮作用を持たないので、妊婦さんが飲んでも問題ないとされています。

コーヒーは、100mlあたり60mgなので、コーヒーの1/2くらいのカフェイン量になります。

  • さんぴん茶 29.6㎎
  • コーヒー 60㎎
  • 紅茶 30㎎

厚生労働省のホームページによると、妊婦さんのカフェイン摂取量は一日あたり200㎎に制限するようにとされています。

1日あたりさんぴん茶なら600mlくらいは飲んでも良い計算ですね。

さんぴん茶は、スッキリとした口当たりのお茶で、沖縄ではスーパーやコンビニ・自動販売機でも気軽に購入できる飲み物です。

スポンサーリンク

さんぴん茶は妊婦は飲めない?妊娠中や子供は飲めるの?

さんぴん茶は妊婦は飲めないのでしょうか?妊娠中や子供でも飲めるか調べてみました。

さんぴん茶には、カフェインが含まれているので、妊娠中の人は飲んでも大丈夫か不安を感じる人もいると思います。

さんぴん茶は妊娠中も飲め妊婦さんでもOK!

結論からいうと、さんぴん茶は妊婦や授乳中でも少量ならば飲んでも問題ありません

1日にペットボトル2本くらいならば問題なく飲むことができます。

ただし他にもコーヒーなどのカフェインの入った飲み物を飲みたい場合、飲む量の調整が必要です。

さんぴん茶は何歳から飲める?赤ちゃんや子供でもOK?

また、さんぴん茶を赤ちゃんや子供にあげようと思っている人もいると思いますが、離乳食を卒業した1歳半くらいからなら飲んでも大丈夫です。

しかし、さんぴん茶にはカフェインが含まれるので飲ませ過ぎには注意しましょう。

沖縄ではさんぴん茶は自販機でも普通に売られています。

スポンサーリンク

さんぴん茶の効果と飲むメリット5選

さんぴん茶を飲むことで多くの効果と効能があります。ここでは、飲むメリットを5つ紹介します。

①利尿作用がある

1つ目に挙げられるのが『利尿作用』です。

カフェインには、余分な水分を排出してくれる効果があります。

むくみや水中毒を防いでくれるのがさんぴん茶です。

②美肌づくりの効果あり

2つ目は『美肌つくり』への効果です。

さんぴん茶には、美肌を作ってくれるビタミンCが豊富に含まれています

シミやそばかすを防いでくれるので、女性の味方のお茶ですね!

ホルモンバランスの崩れから、肌荒れのしやすい妊婦さんにも向いています。

③ダイエット効果が期待できる

さんぴん茶を飲むメリットとして、3つ目に挙げられるのが『ダイエット効果』です。

さんぴん茶はに酵素の働きを活性化する成分が含まれているので、脂肪分解を手助けしてくれます。

また、脂肪の吸収を抑えてくれるタンニンも豊富に含まれているため、食べ過ぎてもさんぴん茶を食前食後に飲んでおくといいですよ!

④リラックス効果・ストレス解消効果

さんぴん茶を飲むメリットとして、4つ目の理由は『リラックス効果・ストレス解消効果』があること挙げられます。

さんぴん茶には、自立神経の緊張をほぐしてくれる成分が豊富に含まれており、リラックス・ストレス軽減に繋がります。

マタニティブルーの予防としても、おすすめされることがあるみたいですよ。

⑤胃痛に良い

さんぴん茶の効果の5つ目は『胃痛に良い』ということです。

ストレスを感じると胃が痛くなるという人も多いのではないでしょうか。

さんぴん茶には胃のムカつきや不調を予防・緩和してくれる成分が含まれています。

さんぴん茶には様々なメリットがあることが分かりました。

スポンサーリンク

さんぴん茶に副作用はあるの?

ここまでメリットを話してきましたが、さんぴん茶に副作用はあるのでしょうか?

さんぴん茶は、緑茶をベースとして作られています。

その緑茶には体を冷やしてしまう作用があります。

そのため、下痢や腹痛を起こしてしまう人も中にはいるようです。

お腹のゆるさが気になってしまう人は、さんぴん茶を常温状態で飲むか温めて飲むといいでしょう!

スポンサーリンク

さんぴん茶を飲んでいる人の口コミ

さんぴん茶を飲んでいる人の口コミをいくつか紹介します。

ジャスミンティと似ているけどさんぴん茶が好きという人も多いですね。

後ほど紹介しますが、さんぴん茶はスッキリお茶として飲みたいという人が多く、さんぴん茶に関するマイナス評判はほとんどありませんでした!

スポンサーリンク

さんぴん茶とジャスミン茶の違い

さんぴん茶とジャスミン茶の違いは何なのでしょうか?

結論を言うと、さんぴん茶とジャスミン茶は同じお茶 です。

さんぴん茶は、中国から沖縄に渡ったとされており、さんぴん茶の“さんぴん”もシャンピェンチャ(香片茶)という名前が沖縄の方言で呼ばれたのが由来ということです。

しかし、さんぴん茶とジャスミン茶には決定的な違いが1つあります。

それが『お花の香りが強くするかどうか』ということです。

ジャスミン茶を飲んだことがある人はわかると思いますが、口に含むと強くジャスミンの香りがします。

だからこそ風味が苦手という人もいるみたいです。

対してさんぴん茶は、ジャスミンの香りが弱くスッキリして飲むことができるので、花の香が苦手という人でも飲むことができます。

元は同じジャスミン茶なので、似てはいますが花の風味が気になる方は、さんぴん茶の方がおすすめです。

スポンサーリンク

ネット通販で買えるさんぴん茶

さんぴん茶は沖縄ではメジャーなお茶ですが、手に入りにくい方はネット通販で買うのがおすすめです。

ここでは、ネット通販で買えるおすすめのさんぴん茶いくつか紹介します!

楽天で買えるさんぴん茶

オリオン オバァ自慢のさんぴん茶 500ml

有名なビール会社オリオンビールから出ているさんぴん茶です。

沖縄でよく見るのもこのオバァ自慢のさんぴん茶ですね。

ケース買いにはなりますが、スッキリごくごく飲むことができるのであっという間になくなってしまいますよ!

有名なメーカーから出ている商品は安心しますよね!

さんぴん茶 ティーバッグ 5g×44p

コスパよくさんぴん茶を購入したい人は、この商品がおすすめです。

44パック入っているので、毎日1杯飲んでも1ヶ月以上持ちます。

水出しはもちろん煮出しで作ると濃い目に仕上がって美味しいみたいですよ!

さんぴん茶デビューにぴったりな商品です。

Amazonで買えるさんぴん茶

Amazonなら翌日配送されるさんぴん茶もあります!

比嘉製茶 さんぴん茶 ティーバッグ200g

created by Rinker
比嘉製茶
¥3,233 (2024/02/23 12:35:57時点 Amazon調べ-詳細)

沖縄のお土産屋さんに高確率でおいてあるさんぴん茶のティーバッグです。

コスパは悪いかもしれませんが、1杯が濃く出てくれるので満足感はあります。

また、周りに配る用としても人気のある商品ですよ!

ママ友と一緒にシェアするのも良さそうですよね!

金秀商事 ハイサイさんぴん茶×30本

created by Rinker
金秀商事
¥2,800 (2024/02/05 03:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

お試し感覚で試したいという人には、この商品がおすすめです。

190mlの缶になっているので、1日1本を目安に飲めばカフェインを気にせずにさんぴん茶を楽しむことができます。

手軽にさんぴん茶を楽しみたいという人におすすめの商品です。

スポンサーリンク

さんぴん茶のカフェイン量と妊婦でも飲めるか まとめ

さんぴん茶のカフェインの量について紹介してきました。

簡単にまとめると

  • カフェインは入っているが、量は他のお茶と変わりがない
  • 妊婦さんでも1日1〜2杯ならば問題なく飲むことができる
  • ジャスミン茶とさんぴん茶は同じだか香りが違う

こんな感じでした。

とうもろこし茶やさとうきび茶といったものと同じく、甘くスッキリしたお茶です。

心と身体に良い作用をもたらすお茶なので、ぜひ飲んでみてくださいね!

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
ラベイユBlog
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました