寝言の録音が良くない怖い理由がヤバい!おすすめ無料アプリiphone・androidで寝言対策 

寝言を録音するのは良くない・怖いと言われていますが本当でしょうか?

寝言がひどいと友人や家族・恋人に言われたら、自分がどんなことを言っているのか気になりますよね。

でも寝言を録音したら良くないとか怖いことがあるって本当でしょうか?

この記事では。そんな寝言の録音が良くない、怖いと言われている理由を調査してみました。

また、スマホで手軽にできるおすすめの録音アプリ(無料・iphone・android)も紹介していきます。

寝言に悩んでいる方のお悩みが解決できるので、読んでみて下さい。

スポンサーリンク

寝言の録音は良くないの?良くないといわれる理由は?

寝言の録音は良くないのか?良くないといわれる理由はなんなのでしょうか?

ネットでは、「寝言を録音するのは良くない」と都市伝説的に書かれている記事がありました。

その内容としては、録音なので誰のものでもない声が入っていたりして自分の家に霊がいるということを知ってしまうキッカケになったり、自分を霊界に連れて行ってしまう というものです。

これだけ聞くと、怖いですよね…。

しかし、ソース的なものはないので、よほど怖がり・神経質でなければ正直録音しても問題ないかな?と感じました。

個人的には霊的なものは、あまり気にしたことが無かったので、特に何も考えずにアプリをインストールして録音していました!

スポンサーリンク

寝言の録音の怖い声は心霊?

寝言を録音すると、自分の声ではない声や足音のような音が入っていることがあります。

正直私も始め聞いた時は「怖っ!」と感じましたが、自分の体動だったり外の猫だったり、他の住民の音 だったりします。

特に霊のせいというわけでもないんですよ!

スポンサーリンク

寝言を録音する方法は?

寝言を録音したいといっても、方法は様々です。

スマートフォンのカメラを利用すると、容量的にもバッテリー的にもかなりの負担がかかるため、おすすめできません。

その為、睡眠録音アプリを利用することをおすすめします。

スポンサーリンク

寝言が録音できるアプリ(iPhone)

寝言を録音したい人におすすめのiPhoneアプリをいくつか紹介します。

寝ている間の寝言だけでなくいびき対策としてアプリで録音している方も多いですね。

ここで紹介するおすすめアプリはどれも無料 なので、気軽に今日の夜から利用できますよ!

1.いびきラボ-いびき対策アプリ

「睡眠トラッキングで睡眠を分析し、スムーズな目覚めを心掛けよう」をコンセプトに作られたアプリです。

いびきや寝相を含む音に反応してデータ(録音声)を出してくれます。

使用方法は簡単で、寝る前にアプリを起動し計測を開始するだけです。

バッテリーへの負担も少ないので、起きた時にバッテリーがない!なんてこともありません。

有料版だと全ての箇所が聞けますが、無料版でも特に音が大きい箇所をいくつか聞けるので、寝言が少ない人や気になるくらいの人は無料でも十分だと思います。

利用している方も多い人気のアプリですね。

2.熟睡アラーム

「あなたの睡眠生活をサポートする」というアプリです。

いびきや寝相を含む音に反応して録音を開始してくれます。

また、睡眠の浅い時間にアラームを鳴らし、自然な起床を促してくれるのですっきりした目覚めをすることができます。

使用方法は簡単で、寝る前にアプリを起動し睡眠導入音を付けて、おやすみボタンを押すだけです。

バッテリー消費も少なく、起きた時はしっかり100%充電された状態でした。

しかし正直、道路の音や上の階の人の音も拾ってしまうのでしっかりした計測ができているのかと言われると、うーん…?という高性能だからこその残念なポイントもありました。

睡眠の質を高めるにはヤクルト1000を寝る前に飲むのもおすすめです♪

Yakult ヤクルト1000 100ml x 7本パック 乳酸菌シロタ株1000億個
ノーブランド品

3.Prime Sleep Recorder

いびきや音に反応して勝手に録音開始してくれるアプリです。

また、その音がかなりクリアに聞こえるため大きな声での寝言でもはっきりなんて言っているのかわかるのが特徴です。

使用方法は簡単で、寝る前にアプリを起動しスタートボタンを押すだけとなっています。

設定が色々できるようなので、自分の使用用途に合わせてカスタマイズすることができるので面白いですよ!

他のアプリよりもバッテリー消費が激しいのでちゃんと充電を確認してから使うようにしてくださいね。

4.快眠の森

「快眠のお手伝いを徹底的にサポートしてくれる」という快眠アプリです。

いびきや寝相を含む音に反応して録音を開始してくれます。

寝言に関しては文字起こしをしてくれるので、ネタとしても使えるユニークな機能があります。

また、好きな曲を流しながら寝ることができる機能や寝る前のストレッチ機能など快眠に導いてくれる機能が盛りだくさんです。

他のアプリとは大きく違う点が1つあり、アバターを自分好みに作り上げたりなどのゲーム性もあるので、飽きることなく楽しめるのがこのアプリです。

スポンサーリンク

寝言が録音できるアプリ(Android)

寝言を録音したい人におすすめのAndroidアプリをいくつか紹介します。

ここで紹介するおすすめアプリは無料なので、気軽にインストールすることができます。

1.睡眠アプリ – いびき, Sleep Meister

人気の睡眠アプリです。

いびきや寝相を含む音に反応して録音を開始してくれます。

睡眠の深さと質を1週間・1か月単位で記録してくれるので、自分の睡眠を詳しく調べることができるんです。

眠りが浅いタイミングでアラームが鳴るようになっているので、自然起床のようにスッキリ起きることができます。

使用方法は簡単で、寝る前にアプリを起動しスタートを押すだけです。

バッテリー消費も少ないので、朝バッテリーがないなんてこともありません!

2.BRAIN SLEEP COIN

多機能計測アプリです。

いびきや寝相を含む音に反応して録音を開始してくれます。

BRAIN SLEEPオリジナルの音楽で、睡眠導入を助けてくれます。

有料で専用の睡眠デバイスを使うことで、さらに詳しい睡眠に関する記録を見ることができるので、自分専用のカルテのようなものを作ることができるんです。

他のアプリとは大きく違う点が1つあり、睡眠のスコアに合わせてコインをもらうことができ、寝具などを購入することができます。

スポンサーリンク

寝言を録音するメリット

寝言を録音するメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

メリット1.睡眠サイクルを知ることができる

1つ目のメリットとして自分の睡眠サイクルを知ることができます。

睡眠サイクルを知ることで、睡眠の深さ・質を知ることにも繋がり、改善案を考えることができます。

目に見えないものだからこそ、専用アプリに頼ることが睡眠時間を大事にするうえでサイクルを知ることが最も大切な事だと思います。

メリット2.歯ぎしりや睡眠時無呼吸症候群の対策ができる

2つ目のメリットとして歯ぎしりや睡眠時無呼吸症候群の対策ができます。

寝てる間は、歯ぎしりや無呼吸を無意識に行っているので、気がづきにくいものです。

自分の呼吸や歯ぎしりを知ることで、マウスピースを作ったり、いびき治療をすることができ将来的に安心できる部分が多くあります。

私は歯を強く噛み締めてしまう癖があるので、歯科医院でマウスピースを作ってもらいました。

寝る時にはめても気にならないので良かったです。

スポンサーリンク

寝言に返事をしてはいけないは本当?

皆さんは「寝言に返事をしてはいけない」なんてことを聞いたことがあるのではないでしょうか?

昔から都市伝説的に言われてきたものですが、実は本当なんです。

…といっても、寝言に返事をしたら起きなくなるということではなく、話しかけられることで無意識に脳が起きてしまい、睡眠の質を下げてしまうということなんです。

正直、寝言の中には思わずツッコみたくなるようなものもあるので、返事しないというのは人によっては難しいかもしれませんが、その人のためにも我慢しましょう!

スポンサーリンク

寝言が恥ずかしい!言わないようにする・やめる方法はある?

寝言で何を言っているのか自分にはわからないので聞かれたりすると恥ずかしさがありますよね…。

言わないようにする・やめる方法はあるのでしょうか?

結論を言うと、正直ありません。

が、寝言をいう時は強いストレスを感じていたり疲れが溜まっている時が多い ので、睡眠の質を上げることで、寝言を少なくする方法に繋がります。

リラックして眠りにつけるように、ストレッチをするとかアロマをたくなど、自分なりの寝る前のルーティンを作るといいですよ!

スポンサーリンク

寝言の録音が良くないという理由 まとめ

今回は、寝言の録音が良くないという理由を調査してみました。
簡単にまとめると

  • 寝言の録音は根拠がないので問題なし!
  • 奇妙な録音は、意外と環境音であることがほとんど
  • 専用のアプリを使うことで、簡単に録音することができ記録もできる

こんな感じでした。

睡眠は人生の3分の1を占めるなんてことも言われています。

次の日に疲れやストレスを残さないためにもアプリを使って、快適な睡眠をとれるようにルーティンを作ってみてくださいね!

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
ラベイユBlog
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました