体感型動物園iZoo(イズー)の混雑2022!割引チケットとアクセス・見どころや滞在時間も

静岡県賀茂郡河津町にある体感型動物園iZoo(イズー)(イズー)は、爬虫類をメインに展示や、ふれあい体験を実施している珍しい動物園です。

メディアでも紹介されて有名なカメレースや、ワニやヘビに触れるコーナーなど、ほかの動物園ではなかなかできない体験がたくさんあります。

ヘビと一緒に写真を撮ったり、ウーパールーパーに触れたりしてファミリーで楽しめます。子どもだったらカメの背中に乗れてしまうかも!?

イズーは人気の施設なので、気になるのは混雑状況です。いつ混雑するのか、回避する裏技や駐車場も知っておきたいポイントです。

また、安く入館できる割引きチケットやクーポンがあるかも事前に知りたいですよね。

こちらの記事では、体感型動物園iZoo(イズー)(イズー)の2022年の最新情報について以下のことを詳しく調べてみました。

  • 体感型動物園iZoo(イズー)が混雑するのはいつ?回避情報も!
  • 体感型動物園iZoo(イズー)の基本情報
  • 体感型動物園iZoo(イズー)の割引チケット
  • 体感型動物園iZoo(イズー)の駐車場
  • 体感型動物園iZoo(イズー)駐車場の混雑状況
  • 体感型動物園iZoo(イズー)の混雑回避の裏技
  • 体感型動物園iZoo(イズー)へのアクセス方法
  • 体感型動物園iZoo(イズー)の口コミ

 

これから体感型動物園iZoo(イズー)に行かれる方は参考にしてください。

スポンサーリンク

iZoo(イズー)混雑するのはいつ?回避情報も!

体感型動物園iZoo(イズー)が混雑するのはいつ?なのかみていきましょう。混雑の回避情報もまとめます。

iZoo(イズー)の平日の混雑状況

平日は空いていて、並ばずにふれあい体験もできます。

ただし、平日はスタッフが少ない場合があるため、体験のときにブザーを押してスタッフを呼ぶ、ということも。

iZoo(イズー)の土日の混雑状況

土日は平日に比べて混雑します。

10時すぎには、すでに園内の駐車場が満車になることもあるようです。

また、お盆の休日には、国道も渋滞でなかなか進まない場合もあるので注意が必要です。

iZoo(イズー)のゴールデンウィークの混雑状況

ゴールデンウィークには、かなりの人出が予想されます!

お昼頃の到着だと、駐車場は満車になっているかもしれません。連休にお出かけになる場合は、早めの行動が必須ですね。

園内の駐車場と道路挟んだ第二は常に満車になり、第三や第四になると少し歩くことになるので、早目に現地に着きましょう。

iZoo(イズー)の年末年始の混雑状況

体感型動物園iZoo(イズー)は、年中無休で営業しています。

そのため、年末年始は家族や親戚で訪れるお客さんが多いようです。

駐車場がとても混雑し、体感型動物園iZoo(イズー)公式Twitterから「◯分待ち」のお知らせが出ることもあります。

スポンサーリンク

体感型動物園iZoo(イズー)の基本情報

  • 体感型動物園iZoo(イズー)の住所  静岡県賀茂郡河津町浜406-2
  • 電話番号 0558340003
  • 営業時間 9:00〜17:00
  • 定休日 年中無休

iZoo(イズー)の入館料

体感型動物園iZoo(イズー)の入館料は以下のとおりです。

入館料

一般料金

入館料

一般料金 団体料金(15名以上) 障がい者手帳を持っている方
大人(中学生以上) 2,000円 1,700円 障がい者手帳を提示した方と同伴者1名:各1,000円

障がい者手帳を持っている小学生:400円

小人(小学生) 800円 600円
幼児(6歳未満) 無料 無料
シニア(70歳以上) 1,800円

 

  • 大人(中学生以上) 2,000円
  • 子ども(小学生) 800円
  • 幼児(6歳未満) 無料

 

iZoo・KawaZoo共通入園・入館料金

  • 大人(中学生以上) 2,500円
  • 小人(小学生) 1,000円
  • 幼児(6歳未満) 無料

 

身分証明書提示割引
●共通入園・入館料金にはシルバー割引が適用されません。
●障がい者手帳をご提示の方とご同伴者(1名様)各1,500円
●障がい者手帳をお持ちの小学生は650円
※団体割引と他割引券との併用はできません

iZoo・KawaZoo共通年間パスポート

  • 大人(中学生以上) 6,500円
  • 子ども(小学生) 2,500円
  • 幼児(6歳未満) 無料

共通パスポートはiZoo受付カウンターにて発行。現金または各種クレジットカードでのお支払いも可

割引チケットやクーポン

会員証またはカードを提示
下記の会員証、またはカードを提示すると割引が受けられます。

JAF会員優待割引

  • 入園料 大人(中学生以上) 200 円引
  • 入園料 小人(小学生) 100 円引

イオンマークのカード割引
読売ファミリーサークル割引
通常料金 割引後
大人(中学生以上) 2,000円 1,800円
子ども(小学生) 800円 700円

各種会員登録割引
下記のサービスで会員登録すると、割引が受けられます。
※月額料金が発生しますので、ご注意ください。

デイリーPlus
みんなの優待
駅探バリューDays
dエンジョイパス

通常料金 割引後
大人(中学生以上) 2,000円 1,800円
子ども(小学生) 800円 700円

HP 体感型動物園iZoo(イズー)の公式サイト

体感型動物園iZoo(イズー)の地図

スポンサーリンク

iZoo(イズー)の駐車場

乗用車 150台 : 無料

iZoo(イズー)駐車場の混雑状況

土日や連休になると、駐車場は混雑します。

ただ、園内の駐車場がいっぱいだったとしても、徒歩3分ほどのところに第3駐車場があり、そこに停められた、という声もありました。

また、お客さんの回転が速いのか、待っていれば意外とすぐに停められる場合もあるので、しばらく待ってみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

iZoo(イズー)の混雑回避の裏技

体感型動物園iZoo(イズー)の混雑回避の裏技についてまとめます。

混雑を避けるのに一番良いのは、平日に出かけること。

でも、平日に出かけられない人も多いので、その場合は開館直後、遅くとも10時前までには到着しておくといいですね。

また、体感型動物園iZoo(イズー)は再入館ができるので、あまりに混雑していて十分に観られないと思ったら、一度時間をおき混雑が一段落するのを待って、再入館する、という手もあります!

スポンサーリンク

iZoo(イズー)へのアクセス方法

体感型動物園iZoo(イズー)へのアクセス方法をまとめます。

公共交通機関でのアクセス

東京方面より
東京駅→新幹線(約50分)→熱海駅→伊東線(約30分)→伊東駅→伊豆急行(約50分)→河津駅→タクシー(5分)→体感型動物園iZoo(イズー)

名古屋方面より
名古屋駅→新幹線(1時間30分)→熱海駅→伊東線(約30分)→伊東駅→伊豆急行(約50分)→河津駅→タクシー(5分)→体感型動物園iZoo(イズー)

車でのアクセス方法

東京方面より
東京→厚木IC→小田原→熱海→体感型動物園iZoo(イズー)

名古屋方面より
名古屋→沼津IC→修善寺→体感型動物園iZoo(イズー)

スポンサーリンク

iZoo(イズー)の口コミや評判

体感型動物園iZoo(イズー)の口コミや評判と見どころをまとめます。

「カメレースのスタッフさんの実況は、普段の様子からは想像できないほどの姿で、とても面白く一気にファンになりました!」

「他の動物園では見られない、規格外の大きさの爬虫類たちがいっぱいで、爬虫類好きにはたまらないと思います。」

ふれあいコーナーではトカゲやワニ、ヘビに触ることができ、お子様はドキドキわくわくすること間違いなし。

解説をしてくれるスタッフさんの話がとても上手で、勉強になったという口コミもたくさんありました。

また、園内をカメがあちらこちらに歩いていて、カメのエサ(300円)を購入してあげることもできますよ。

ちなみに、園内はベビーカーが使用できないので、小さなお子様連れの場合は注意してくださいね。

iZooの園長さん

iZoo(イズー)の白輪剛史園長は、横浜市のアパートから逃げ出したアミメニシキヘビの捕獲に成功して以降、爬虫(はちゅう)類のプロとして注目を集めています。

テレビにも度々登場されている名物園長です。

爬虫類・両生類の動物園とすて、個性的な展示が人気のイズーですが、なんとゴキブリも展示されていて、見ることができます。

ゴキブリ部屋では1万匹の大量の生きたゴキブリを展示しています。また観覧者とがガラスなどで仕切らていません。

見たくない場合は、部屋に入らないことをおすすめします。

iZoo(イズー)は一風変わった施設かもしれません。

iZoo(イズー)の所要時間

イズーの滞在時間は、2時間ほどで一周できますが、好きな方はずっと見ていられるので滞在時間が長くなります。

餌やり体験や爬虫類やゾウガメとの記念撮影は、待ち時間もあるので、午前中の空いている時間に済ませると効率的です。

iZoo(イズー)のCMです(音が出るので注意)

スポンサーリンク

iZoo(イズー)の混雑状況2022まとめ

体感型動物園iZoo(イズー)の混雑状況やチケット情報、見どころなど2022年の最新情報をまとめました。

体感型動物園iZoo(イズー)は、お土産ショップも充実していて、ここでしか買えないマニアックな商品も多数あります。
また、レストランではワニ肉を使った料理もあるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

行く前はあまり乗り気でなかった子どもが、帰るころにはヘビのぬいぐるみを買って帰るほどになっていたというほど、魅力いっぱいの体感型動物園iZoo(イズー)。

爬虫類が少し苦手・・・という人も、一度体感型動物園iZoo(イズー)に行ってみたら爬虫類を見る目が変わるかもしれませんよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました