グルーガンのはがし方は?布(服)についた時にきれいに取る方法を紹介!

グルーガンが布(服)についた時の剥がし方ときれいに取る方法を紹介します!

手芸や工作などで利用することが多い「グルーガン」。100均のダイソーでも売られているため使っている人も多いですよね。

グルーガンは、ホットボンドともいわれていて、熱で溶かした接着剤を使ってモノを接着します。

この時、溶けたグルー(接着剤)が色々なところに着いてしまうのが難点です。

グルーは早く固まるので便利な反面、意図しない場所に接着剤がついてしまい、剝がすのに苦労することも多いです。

この記事では、グルーガンのグルーが布についた時のはがし方・きれいに取る方法について紹介していきます。

グルーガンの接着剤が服等の布についた時は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

グルーガンの剥がし方は?布についた時にきれいに取る方法

ピストル型になっており、レバーを引くと熱で溶けた液体状の接着剤が出てくる仕組みになっているグルーガン!

グルーガンはDIYやハンドメイドに便利ですが、服や布に着いてしまうと剥がすのが厄介です。

無理にはがそうとすると、破れたり跡が残ったりするので、グルーのはがし方は、これから紹介するやり方で、慎重に剥がしましょう。

思った以上にきれいに取ることができますよ。

グルーガンのはがし方① アイロンを使う方法

一度グルーガンで接着してしまった布は、繊維の間までグルーが染み込んでしまい剥がしにくくなってしまいます。

布についたグルーを剥がすには、アイロンでグルーを温めてから剥がす方法がおススメです。

剥がしたい布の上にあて布をして、低温のアイロンをじっくり押し当て、固まっている接着剤が溶けたら、そっと剝がしてみてください。

無理にはがそうとすると布が伸びてしまうので、ゆっくりと剥がすのがポイントです。

あて布をしないとアイロンについてしまうことがあるので、使わないハンカチ等であて布をすると良いです。

万が一、アイロンに接着剤が付いてしまっても、熱で溶けている状態なら布でこすり取ることができます。

繊維の上に乗ったグルーはきれいに取ることができますが、布の繊維に入り込んだグルーを取り切るのは難しいです。

グルーガンのはがし方② ドライヤーを使う方法

グルーガンで接着された布や木を剥がしたい場合は、アイロンではなくドライヤーを使うのが有効です。

ドライヤーの温風を接着部に近づけ、グルーを温めてます。

グルーが溶けてきたら、ゆっくりとはがしてみてください。

グルーガンのはがし方③ お湯を使う方法

アイロンやドライヤーが手元にない場合は、お湯に漬けるという方法を試してみてください。

熱で固まったグルーがお湯で柔らかくなったら、そっとはがします。

お湯でグルーガンを剥がす方法は、プラスチックをグルーガンを使って接着している場合にも有効です。

「お湯につけてグルーを柔らかくする」方法のやり方は以下の通りです。

  1. 洗面器やボールに高温のお湯をためて、そこに布やプラスチックを入れます
  2. グルーが柔らかくなってきたら、ゆっくりと少しずつ剝がします

*プラスチックによっては高温により溶けてしまうものがあるので、耐熱温度を確認の上、ぬる目の湯から試してみてください。

フェルトについたグルーガンを剥がす方法

フエルトについたグルーガンは、アイロンかドライヤーの熱で温めて、取ることをおすすめします。

湯に漬けると縮んだり毛羽立ったりするので、お湯はおすすめできません。

綿などの布よりも毛羽立ちやすいので、熱を加えてグルーを溶かしたら、ゆっくり慎重に剥がすようにしましょう!

グルーガンで糸を引かないようにする方法

グルーガンで糸を引かないようにする方法を試してみてください。

簡単なのに、指や服についてしまうのをかなり軽減できる技だと思います。

スポンサーリンク

グルーガンの剥がし方 まとめ

グルーガンは、ハンドメイド作品作りや工作に役立つ便利な道具です。

専用のグルーをピストルのような機械にいれて熱で温めて使います。接着剤をつける作業が片手でできるので、重宝しますよね。

また接着時間が短いので、作業の時短にも繋がります。

反面、意図しないところに付いてしまうと、接着力が強く、簡単には取れないという難点もあります!

しかし、今回お伝えしたようにグルーガンの接着剤を剥がしたい時は、「熱」を加えることで剝がすことができます。

素材によってドライヤーやアイロン、お湯などを適宜使い分けて、上手く剥がしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました