チョコレート効果は買ってはいけない?危険な理由と1日何枚までか適量も紹介!

チョコレート効果は買ってはいけない、危険性があるというのは本当なのでしょうか?か気になりますね。

チョコレート効果について検索すると『チョコレート効果 買ってはいけない』『チョコレート効果 危険』などのあまり良くなさそうな予測変換が出ます。

国内の高カカオチョコレート売り上げNo.1で、生活習慣病予防に良いとされているチョコレート効果は、実際に買ってはいけないのでしょうか?

味は美味しいですし、特別体に有害なものが入っているようには思えないのですが…。

今回はそんなチョコレート効果を買ってはいけないという噂や理由について調査したので紹介していきます。

危険なのかどうかや、一日どれくらい食べるのが効果的かなど、食べる際の注意点なども一緒に紹介していくので、是非最後までご覧ください!

created by Rinker
チョコレート効果
¥3,315 (2024/02/25 03:19:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

チョコレート効果を買ってはいけない理由は?食べると危険なの?

チョコレート効果を買ってはいけない理由は?食べると危険なの?

チョコレート効果を買ってはいけない理由・食べると危険なのかは以下のとおりです。

  1. カドミウムなどの重金属など有害物質を多く含んでいる
  2. 脂質が高い
  3. カフェインが多い

まずは、チョコレート効果を買ってはいけない理由をそれぞれ紹介します。

1.カドミウムなどの重金属など有害物質を多く含んでいる

チョコレート効果などの高カカオチョコレートは、カカオの中に含まれているカドミウムやニッケルといった重金属などには残留汚染が原因で、金属汚染による有害物質が多く含まれている と言われています。

摂取しすぎると腎機能障害や発癌のリスクを高めてしまうというデメリットがあります。

実際、微量ではありますがチョコレート効果から有害物質が検出されているようで、他のチョコレートよりも4倍ほど多いようです。

カドミウムは体内に入ると腎臓の機能障害、がんの発症リスクを高め、骨粗しょう症の危険があることがわかっています。

またニッケルは、発がん性のあり金属アレルギーを発症した例もある重金属です。

ただ、どんな食品にも重金属は含まれるので、チョコレート効果を食べたら直ちに健康被害があるというほどではありませんので安心してくださいね。

チョコレートに含まれるカドミウム重金属の量について、国民生活センターでは次のように説明しています。

すぐに健康被害を及ぼすような量ではないが、チョコレートのカドミウムは含量が低いことが望ましく、引き続き品質管理等が適切に行われることが必要であると思われる。

国民生活センター

カドミウムを接種できる量の目安は、体重50kgの人の場合、1週間のカドミウムを350μg以上摂り続けると体に悪い影響の可能性があります。

チョコレート効果に換算すると、1週間で1.4kg分に相当するのでよほど食べない限りは大丈夫だと想われます。

2.脂質が高い

高カカオチョコレートは脂質が高いです。

チョコレート効果には植物性油脂であるトランス脂肪酸が含まれています

100gあたり カロリー 脂質
チョコレート効果 620kcal 52g
通常のチョコレート 562kcal 34.2g

アメリカではトランス脂肪酸が含まれている食品は扱ってはいけない法律があるなどの物質です。

トランス脂肪酸は、LDLコレステロールを増加させ、HDLコレステロールを減少させます。

その結果、動脈硬化を引き起こし、心疾患のリスクを高めると言われています。

こうした原因が健康に危害を及ぼしてしまうことから『チョコレート効果は買ってはいけない!』と言われているんですね。

3.カフェインが多い

高カカオチョコレートにはカフェインが多く含まれています。カフェインには利尿用があるので摂取には注意が必要です。

特に妊娠中や授乳中の女性はカフェイン量に注意しましょう。

1日のカフェインの摂取量はコーヒーや紅茶お茶などに含まれるカフェインも合わせて考えることが重要です。

チョコレート効果を食べると危険なの?

高カカオチョコレートであるチョコレート効果は、食べると危険なのでしょうか?

結論から言うと、チョコレート効果は少量ならば問題ないです。

後に注意点を紹介していきますが、間食で適量を食べる分には問題ありません。

また、チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールの中にはダイエットに良かったり、美容効果に期待ができるのでデメリットばかりではありません。

逆に取り入れると良い、メリットも多いです。

スポンサーリンク

チョコレート効果を食べる時の注意点は?1日の適量は何枚?

チョコレート効果を食べる際の注意点を紹介します。

1日適応とされている枚数は3〜5枚 とされています。

それ以上食べると有害物質が体に蓄積されてしまうことがあるので注意が必要です。

また、気管支拡張作用薬などの特定の薬を利用している人は、高カカオ系のお菓子は大量に食べないほうがいいです。

注意ばかりなのですが、チョコレート効果は適量を食べる分には有害物質も排泄物として流れてくれるので心配する必要はないかと思います!

何事も適量がいいということですね!

スポンサーリンク

チョコレート効果(高カカオチョコレート)の効果と食べるメリットを紹介

チョコレート効果は、高カカオチョコレートと言われていて、カカオが沢山含まれています。

高カカオチョコレートの効果効能はどんな感じなのか見ていきましょう!

  1. ダイエットにいい
  2. 生活習慣病の予防
  3. 便秘にいい
  4. 美容効果への期待

チョコレート効果(高カカオチョコレート)の効果と効能それぞれ見ていきましょう!

1.ダイエットにいい

高カカオチョコレートである、チョコレート効果はダイエットにいい とされています。

チョコレート効果に含まれるカカオポリフェノールの効果効能の代表的なものとして

  • 血液中コレステロール値が正常に戻す効果
  • 基礎代謝のUPにもつながる

ただし食べ過ぎは、脂質が多いので逆に太ってしまう原因にもなるので注意が必要です!

ダイエット効果を期待するなら、チョコレート効果の1日に食べる量は、1日の適応とされている枚数の3〜5枚までにしましょう。

2.生活習慣病の予防

生活習慣病の予防にもチョコレート効果はいいとされています。

カカオポリフェノールは高い抗酸化作用を持っており、活性酸素の働きを抑制して生活習慣病の予防 をすることができるんです。

食べ過ぎはよくありませんが、1日の適量を少しずつならば健康にもいいチョコレートなんですね。

3.便秘にいい

チョコレート効果は便秘にもいいとされています。

カカオポリフェノールには食物繊維がたっぷり含まれている ため、便秘予防も期待できます。

4.美容効果への期待

チョコレート効果には美容効果への期待も!

チョコレート効果に含まれる、カカオポリフェノールは高い抗酸化作用 を持っており、活性酸素の働きを抑制してくれるのでアンチエイジング効果も期待できるみたいです。

もちろん食べすぎるとニキビや肌荒れの原因になるので注意なので、適量を守りましょう。

スポンサーリンク

チョコレート効果は一日何枚?いつ食べる?

高カカオチョコレートの一日何枚まで食べられるのか?適量といつ食べるのか?効果的な食べるタイミングはいつなのでしょうか?

1日当たりの適量は200kcalです。

チョコレート効果は1枚(5.0g)当たりのカロリーが28~31kcalですので、最大6~7枚となります。

meiji公式では『1日3〜5枚を毎日習慣的に摂取する』というのが推奨されています。

またチョコレート効果を食べるタイミングとしては、食事の前や食事中に食べる !です。

食前に食べることで糖質の吸収をゆっくりにすることができ、血糖値を調整する成分の効き目を上げるなどといった効果を期待することができます。

もちろん、間食でも問題はないですが、効果を最大限に引き出したいならば食事前がおすすめです!

スポンサーリンク

チョコレート効果の良い口コミ

チョコレート効果には美味しい、うまいなど味に関するものと、ニキビが少なくなった、便通が良くなったなどの口コミがみられました。

甘い物を我慢するよりは、できるだけ体に良いものを取りたいという人が多いですね。

ニキビが減るのは嬉しい効果ですよね!

高カカオチョコレートの苦味はブラックコーヒーを飲み慣れるのに似ているかもしれません。

チョコレート効果は、美味しいという意見が多かったです。

実際に食べた感じは甘すぎず、美味しいです。

高カカオチョコレートは、苦味が強いためコーヒーや飲み物と間食として楽しんでおり、肌改善や健康効果を期待して続ける人も多いみたいですね!

スポンサーリンク

チョコレート効果の悪い口コミ

チョコレート効果の悪い口コミもみていきましょう!苦すぎるまずいといった口コミも多いです。

チョコレート効果がまずいと感じる人も多いですね。

チョコレート効果のカカオ95%は確かに苦いですよね!

チョコレート効果は効果があったという反面、苦くてまずいので続けられないとの声も多かったです。

やはり、高カカオチョコレートは苦味があるので、それがゴムを食べているようだと感じる人が多く、まずさからコスパが悪いという人が多いイメージです。

スポンサーリンク

チョコレート効果はどこで売ってる

チョコレート効果はどこで売ってるのでしょうか?

チョコレート効果は、スーパー・コンビニ・ドラッグストアなど、ほとんどのお店で取り扱いがあります。

値段はお店によりますが、15枚入りで250円前後で購入することができます。

チョコレート売り場に並んでいることが多く、GABAチョコなどの隣にあることがほとんどです。

スポンサーリンク

通販で買えるおすすめの高カカオチョコレート

チョコレート効果に限らず通販では色々な高カカオチョコレートを購入することができます。

通販で買えるおすすめの高カカオチョコレートをいくつか紹介します。

①森永製菓 カレ・ド・ショコラ カカオ70

created by Rinker
森永製菓
¥2,242 (2024/02/25 03:19:57時点 Amazon調べ-詳細)

森永製菓の『カレ・ド・ショコラ カカオ70』は高カカオチョコレートとして有名ですね!

国内製造のカカオマス・ココアバターを使用しているので安心して食べることができます。

カカオ70%なので、高カカオチョコレートのデビューにおすすめできるチョコレートです。

②リンツエクセレンスカカオ70%

created by Rinker
Lindt(リンツ)
¥647 (2024/02/25 03:19:59時点 Amazon調べ-詳細)

有名チョコレートブランドのリンツにも高カカオチョコレートがあるんです。

リンツ『エクセレンスカカオ70%』です。

ナッツ感のあるチョコレートで他の高カカオチョコレートよりも食べやすいかと思います。

デメリットがあるとするのであれば、ちょっと値段が600円超えなので高いかな…という点です。

③ショコドーネ 訳あり カカオ70

歴史あるチョコレート専門店ショコドーネの高カカオチョコレートです。

製造工程でできた不揃いなものをパックに詰めたという訳あり品なのでなにか有害物質が多く含まれているとかではないのでご安心を!

340g×2なので、かなり大容量です。

コスパよく高カカオチョコレートを購入したいという人にはおすすめできるチョコレートです!

スポンサーリンク

チョコレート効果は買ってはいけないといわれる理由 まとめ

チョコレート効果は買ってはいけないといわれる理由をお話していきました。

簡単にまとめると

  • チョコレート効果には有害な物質も含まれているが、少量ならば問題なし
  • 1日3〜5枚を目安に食前・食中に食べるのがおすすめ!
  • ほとんどのお店での取り扱いがあるので、気軽に購入することができる

こんな感じでした。

チョコレート効果は、苦いのですがまたそれがクセになってしまいます。

1日あたり5枚までを守って、健康的な範囲内で美味しいチョコレート効果を楽しみましょう!

 

お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
ラベイユBlog
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました